今日の問題 判例」カテゴリーアーカイブ

民法132 判例六法問題 債権が二重に譲渡された場合に、民法第四百六十七条2項所定の対抗要件を後れて具備した譲受人に対してされた弁済についても、同法第四百七十八条が適用されるのか。

【PR】クレアール行政書士講座今、注目の「非常識合格法」で科学的・合理的・経済的に行政書士試験の合格が目指せます。 【PR】『司法書士』になるなら、法律資格専門の受験指導校・伊藤塾! 【PR】資格試験の通信教育・通信講座… 続きを読む »

民法131 判例六法問題 転付命令が無効であるときの転付債権者は債権の準占有者――受領権者としての外観を有する者と言えるのか

【PR】クレアール行政書士講座今、注目の「非常識合格法」で科学的・合理的・経済的に行政書士試験の合格が目指せます。 【PR】『司法書士』になるなら、法律資格専門の受験指導校・伊藤塾! 【PR】資格試験の通信教育・通信講座… 続きを読む »

民法130 判例六法問題 借地上の建物の賃借人は、地代の弁済について法律上の利害関係を有しないのか。

【PR】クレアール行政書士講座今、注目の「非常識合格法」で科学的・合理的・経済的に行政書士試験の合格が目指せます。 【PR】『司法書士』になるなら、法律資格専門の受験指導校・伊藤塾! 【PR】資格試験の通信教育・通信講座… 続きを読む »

民法129 判例六法問題 併存的債務引受の引受人は、債務者と連帯して、債務者が債権者に対して負担する債務と同一の内容の債務を負担するのか。

【PR】クレアール行政書士講座今、注目の「非常識合格法」で科学的・合理的・経済的に行政書士試験の合格が目指せます。 【PR】『司法書士』になるなら、法律資格専門の受験指導校・伊藤塾! 【PR】資格試験の通信教育・通信講座… 続きを読む »

民法128 判例六法問題 弁済期到来前に受働債権の譲渡または転付があつた場合で債務者が譲渡通知または転付命令送達の当時すでに弁済期の到来している反対債権を有するとき

【PR】クレアール行政書士講座今、注目の「非常識合格法」で科学的・合理的・経済的に行政書士試験の合格が目指せます。 【PR】『司法書士』になるなら、法律資格専門の受験指導校・伊藤塾! 【PR】資格試験の通信教育・通信講座… 続きを読む »

民法127 判例六法問題 債権が二重に譲渡され、確定日付のある各譲渡通知が同時に債務者に到達したとき

【PR】クレアール行政書士講座今、注目の「非常識合格法」で科学的・合理的・経済的に行政書士試験の合格が目指せます。 【PR】『司法書士』になるなら、法律資格専門の受験指導校・伊藤塾! 【PR】資格試験の通信教育・通信講座… 続きを読む »

民法126 判例六法問題 指名債権譲渡の予約についてされた確定日付のある証書による債務者に対する通知又は債務者の承諾をもって、当該予約の完結による債権譲渡の効力を第三者に対抗することはできないのか。

【PR】クレアール行政書士講座今、注目の「非常識合格法」で科学的・合理的・経済的に行政書士試験の合格が目指せます。 【PR】『司法書士』になるなら、法律資格専門の受験指導校・伊藤塾! 【PR】資格試験の通信教育・通信講座… 続きを読む »

民法125 判例六法問題 指名債権が二重に譲渡された場合、譲受人相互の問の優劣は、確定日付ある通知が債務者に到達した日時又は確定日付ある債務者の承諾の日時の先後によつて決すべきである。正しいか?

【PR】クレアール行政書士講座今、注目の「非常識合格法」で科学的・合理的・経済的に行政書士試験の合格が目指せます。 【PR】『司法書士』になるなら、法律資格専門の受験指導校・伊藤塾! 【PR】資格試験の通信教育・通信講座… 続きを読む »

民法124 判例六法問題 将来発生すべき債権を目的とする債権譲渡契約は、一定額以上が安定して発生することが確実に期待されるそれほど遠い将来のものではないものを目的とする限りにおいて有効とすべきである。正しいか?

【PR】クレアール行政書士講座今、注目の「非常識合格法」で科学的・合理的・経済的に行政書士試験の合格が目指せます。 【PR】『司法書士』になるなら、法律資格専門の受験指導校・伊藤塾! 【PR】資格試験の通信教育・通信講座… 続きを読む »