今日の問題 判例」カテゴリーアーカイブ

民法16判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。 偽造文書によつて登記がされた場合でも、その登記の記載が実体的法律関係に符合し、かつ、登記義務者において登記申請を拒むことができる特段の事情がなく、登記権利者において当該登記申請が適… 続きを読む »

民法14判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。 甲市の市長であるAが、甲市を代表し、博覧会のために設立され、A自らがその長となっている乙財団法人との間で、物品の売買契約を締結した場合は、双方代理に該当するが、甲市の市議会が追認し… 続きを読む »

民法13判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。 遺留分減殺の意思表示が記載された内容証明郵便が留置期間の経過により差出人に還付された場合において、受取人が不在配達通知書の記載その他の事情から、遺留分減殺の意思表示を記した文書であ… 続きを読む »

民法12判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。 Aは、Bの債務のために保証人になったが、Bが担保物を有しているものと誤信したために保証契約を締結したものである。この場合、Aは、その動機を表示しない限り、錯誤による保証契約の取り消… 続きを読む »

民法11判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。 A所有の甲土地がBに仮装譲渡された後で、AがBに対して、甲土地について、通謀による虚偽の登記名義を真正なものに回復するための所有権移転登記手続請求訴訟を提起し、被告B敗訴の確定判決… 続きを読む »

民法10判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。 甲と乙との通謀により甲から乙に対し抵当権を設定したものと仮装した抵当権設定登記が経由されたのち、乙が善意の丙に対し転抵当権を設定し、丙を権利者とする転抵当権設定登記が経由された場合… 続きを読む »

民法9判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。 弁護士でない者でも、債権の取立、債権の取立の目的を達成するため提起する訴訟につき弁護士を選任し、仮差押並びに仮処分申請の手続をすること、これらの事件につき和解等による解決の一切につ… 続きを読む »

民法8判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。  団体としての組織をそなえ、多数決の原則が行なわれ、構成員の変更にかかわらず団体が存続し、その組織において代表の方法、総会の運営、財産の管理等団体としての主要な点が確定していれば、… 続きを読む »

民法7判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。  甲土地は、所有者であるAが失踪して以来、親族のBが管理し、失踪後七年経過した時点で、Bが失踪宣告を申し立て、これが認められたため、Bが唯一の相続人となった。Bは、Cに対して、甲土… 続きを読む »

民法6判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。  Aは、甲土地に建物を建てて居住しているが、南側の隣地乙土地にBが建築基準法に違反する建築物を建てたため、日照通風が妨害されるに至った。この場合でも、Bの建築物が、甲土地に越境して… 続きを読む »